ロケットストーブにヒントを得て湯沸し薪ボイラーの廃品を応用してみました。
タイトルは無煙となっているが燃焼開始直後にはモコモコと出ます。
但し2,3分後には完全燃焼が始まり煙が出なくなります。
(二重構造による断熱効果で炉内部が高温になるため)
下の画像は紙屑焼却中の画像ですが、煙とか煤は全く出ていません。
イメージ 1
 
無論、塩素含有物とかの有害物質は燃やしません。
畑の肥料として利用できる紙屑のみに利用しています。